オキシトシンが分泌される時はどんな時?

なぜアドバンテージdxがナイトライフの改善薬として、大注目をされているのか。
それは先発品であるアドバンテージには配合されていなかったオキシトシンの影響によるところが大きいでしょう。
確かに性的な興奮を促すヨヒンビの効果はすごいのですが、愛情ホルモンとも言われているオキシトシンが加わったことで、その相乗効果が凄まじいことになっています。
それはオキシトシンを増やす方法を把握すれば、十分納得できることでしょう。

オキシトシンが分泌される時

ストレス緩和や、筋肉疲労の回復。
他にも痛みの軽減といったさまざまなポジティブな役割を担ってくれるオキシトシン。
これは別に外から摂取しなくても、人間の体が作り出し分泌しているホルモンです。
どういった行為をすると、このオキシトシンが分泌されるのか。
例えば他人に親切を行うこと。
ハグだったり、握手といったスキンシップを取った時。
異性とじっと見つめ合っている瞬間。
相手を思いやったり褒めるといったアクションを起こした時。
つまりこれらの行為をすればするほどに、オキシトシンは分泌されることになるのです。

オキシトシンを外部から摂取すると…

オキシトシンはどのような時に分泌されるのかは前述を見れば、理解出来たと思います。
それでは逆に外部からオキシトシンを摂取し、体内にオキシトシンを増やすとどうなるのか?
人間の脳というのは、非常に賢い反面、おバカな部分もあるのです。
オキシトシンが増えたぞと気がつくと、逆に前述にしたようなアクションを起こさなければならないと勘違いしてしまうわけですね。
だからこそ、目の前にいる異性を愛おしいと思ったり、ハグやキスをしたくなったり、セックスをしたくなったりするわけです。
更に思いやりや親切心が高まり、おしゃべりもしたくなるとなればどうでしょう?
結果は言わずもがなですね。

関連する記事